スタッフブログ

南相馬市・相馬市・新地町・浪江町・双葉町・飯館村・葛尾村の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店プロタイムズ南相馬店(郡山塗装)です。

今回のブログを執筆させていただく 今泉 です!今回は最近よく聞く塗料単語について書いていきます

ラジカル制御 HALS

はじめにラジカル制御について解説していきたいと思います。塗料は主に太陽の紫外線の影響をうけて徐々にチョーキングといった現象が起き始めます( チョーキングとは塗料の保護膜成分が無くなっている症状になります。)すると水分が塗料に滲み酸素が入り込み酸化していきます

ラジカル制御塗料は酸化チタンが含まれる塗料の最大の欠点である塗膜劣化を抑えた最先端の塗料です。酸化チタンへの紫外線照射を抑え発生したラジカルは閉じ込めてラジカル反応を抑制します。

「ラジカル制御塗料」とは酸化チタンから発生するラジカルを制御したもので、樹脂はアクリルやシリコンなどの従来から使われているものをラジカル制御したアクリル樹脂の塗料です。

雨水の侵入

通常外壁塗装を行った際、外壁と塗膜は密着している為その間に雨水が侵入してしまうことはありませんが経年劣化により塗膜の防水機能が弱まっていたり外壁にヒビが入ってしまっていると雨水の侵入を防ぐことができず外壁と塗膜の間に雨水が侵入してしまいます。

雨水が侵入した状態で建物の温度が高くなると水分が蒸発し蒸気によって塗膜が内部から押し上げられてしまいそれが膨れ発生の原因になります。※対策として湿気がある時の作業には注意が必要です

乾燥不足

外壁塗装の塗料は水や溶剤で薄めてから使用し、その水や溶剤が蒸発して時間が経ち乾燥することでしっかりと外壁に密着します。

前に塗った塗料が乾燥時間不足のまま次の塗料を塗ってしまうと、塗料の中の水分や溶剤が蒸発し膨れ発生の原因になります。

外壁塗装は基本的に下塗り、中塗り、上塗りの3工程です。1工程づつきちんと十分に乾燥時間を儲けるなどの対策が必要です。

密着性

下塗り剤は外壁と塗膜をしっかり密着させる大きな役割を持っています。

この下塗り剤が十分に塗れていないと上塗りがしっかりと密着できずに下地から小さな空洞が発生してしまいます。

この小さな空洞の空気や蒸発した水分が下地から上塗りした塗膜を押し上げてしまうため、塗膜の膨れ発生の原因になってしまいます。
また、希釈する際に正確な希釈ができていないと塗りムラが発生して同じように塗膜の膨れ発生の原因になります。

今回の膨れに関しての問題は施工店の選定がとても重要になっていきます。

お客様は安心して施工を任せられる施工店を探すのがとても難しいと思います。

そんな時は是非一度プロタイムズ南相馬店にお越しください!

外壁・屋根塗り替え お問い合わせはこちら!

「一度問い合わせたら、

その後しつこく連絡が来るようになるんじゃない…?」

そのようなご心配は一切ありません!

無理な勧誘・契約など一切行ないませんので、

どうぞ安心してお問い合わせください。

ご質問だけでも構いません、

完全無料の診断調査・御見積依頼承ります。

日中お忙しい方、メールでのやり取りも可能です。

24時間受付可能!カンタン1分でお申込みができます。

▼画像をクリック▼

お友達登録の後、ぜひお問い合わせにご活用ください。

▼画像をクリック▼

施工事例はこちら!

おかげさまで創業96年施工実績18,800件超

塗装工事完成工事高 福島県内9年連続No.1

(福島建設工業新聞調べ)

工事の管理も安心してお任せいただけます。

▼画像をクリック▼

店舗・ショールームはこちら!

インスタグラムやYouTubeもやってます

塗装屋がインスタにユーチューブ!?とお思いのそこのアナタ、

イベント情報・施工事例・お客様の声など情報盛りだくさん!

本人は恥ずかしい!?スタッフの自己紹介も投稿してますので、

ぜひ気になる方はcheckしてください!

▼画像をクリック▼

ピックアップPICKUP